前のページへ戻る

回復期リハビリ

リハビリテーション Rehabilitation「身体(からだ)の自立」を通して…

回復期リハビリテーションとは?
回復期リハビリテーション病棟は平成12年4月に制度化されました。R&Oリハビリ病院グループでは、回復期リハビリテーションを必要とされる患者さまに、設備的にも広く、人的にも整った環境で、早期に集中的にご提供するべきであると考えています。

【その目的は】
1.生活日常動作(ADL)の向上 2.寝たきりの防止 3.在宅復帰
いかに障害を少なくするか、たとえ障害を抱えても自立して暮らしていただくか、これがリハビリテーションの使命と考えています。

チームアプローチ 異なった視点 独自の専門性

退院後の患者さまの生活に合わせた状態を予測し、リハビリプランを立案します。医師を中心として、看護師・介護士・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士など多数の専門職がチームアプローチを実践します。
リハビリプランは、各部署に配属されたリハビリスタッフが共有し、退院後は在宅部門が連携を強化しています。R&Oリハビリ病院グループでは、在宅医療の支援として、静岡ホームメディカルケアセンターが通所リハビリテーション事業、訪問リハビリテーション事業、訪問看護ステーション事業、居宅介護支援事業を行っています。

Rehabiritationとは、「Re=再び」「habiris=適したものにする」を語源としています。


総合リハビリテーション施設


パワーリハビリ


看護