前のページへ戻る

再生医療(PRP療法・ASP療法)について

医療法人社団アール・アンド・オーの運営する静岡リウマチ整形外科リハビリ病院では、


再生医療の1つとされるPRP(Platelet Rich Plasma)療法と、

膝関節の痛みに特化した次世代PRPと呼ばれるAPS(Autologous Protein Solution)療法

について、厚生労働省より認可されました。


静岡リウマチ整形外科リハビリ病院では、2019年3月より、治療を希望される患者さまに順次実施してまいります。


自分の血液を使った再生医療【PRP療法】

人は出血したり傷を負ったりした時、血液中の血小板が凝集し、免疫システムから分泌される

タンパク質(サイトカイン)が放出されることで組織を再生し、傷を治していきます。

この血小板を高濃度に凝縮し、活性化させたものがPRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。


PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進させる力があります。


この力が、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を

最大限に引き出し、傷んだ関節軟骨・靭帯などの治癒をうながす


と考えられています。


PRP療法は、このPRPを使い、自己治癒力(自分で治す力)をサポートする治療法です。

メジャーリーガーの田中将大さんや大谷翔平さんが

この治療を受けたことで世間でも話題となりました。



自分自身の血液から作成するため、拒絶反応が起こる可能性は極めて低いと考えられます。 また、採血と注射のみで終わるため、体への負担も少なくて済みます。


当院で使用するPRPは、高濃度の白血球を含むLR-PRP:Leucocyte Rich-PRP(高白血球多血小板血漿)です。


関節の痛みに特化した次世代PRP【APS療法】

関節の変形自体は治すことはできませんが、手術を行うことなく、関節の炎症や関節痛の軽減が


期待できるため、まずは試してみたいという方もいらっしゃいます。


APS療法では、LR-PRPを更に濃縮したAPS:Autologous Protein Solution(自己タンパク質溶液)を使用します。



【適応疾患】

PRP療法・APS療法は下記疾患に適応すると考えられています。


PRP療法


慢性(難治性)の腱炎や腱の付着部の炎症

・膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

・足底腱膜炎

・上腕骨外側上顆炎(テニスひじ)

・上腕骨内側上顆炎(ゴルフひじ)

・アキレス腱障害

(アキレス腱炎・腱周囲の炎症)


滑液胞炎

・滑液胞炎(膝・ひじ・くるぶし)

・ベーカーのう腫(膝窩嚢腫)

・ガングリオン


その他

・肉離れ(筋不全断裂)

・靭帯損傷

・肩けん盤断裂

・肩関節周囲炎

・TFCC損傷

・半月板損傷

・難治性骨折




APS療法


変形性膝関節症

【PRP療法】治療の流れ

1.

診察を行います。

必要時、採血・MRIを行います。

約1週間後、「適応あり」と判断された方に

対してのみ治療を行います。



2.

採血を行います。

【PRPの場合】

26ml または 52ml

【APSの場合】

55ml

3.

採血した血液を遠心分離器にかけ、

PRPを作成します。

   

4.

作成したPRPを患部に注射します。 必要時、薬を処方いたします。

   

5.

後日、症状の変化を評価します。

※遠方の場合、紹介状をお渡しします。お近くの病院を受診してください。


【注意事項】


・実施日は完全予約制となります。


・極端に血管が細く、充分な採血量がとれない方や、持病によってはこの治療を受けられないことがありますので、予めご了承ください。


・治療効果や効果の持続期間には個人差があります。


【費用について】


・PRP療法・APS療法は公的医療保険が適応されません。費用は全額自己負担となります。


・PRP療法は10〜15万円程度、APS療法は25〜30万円程度の治療費用がかかります。
※治療同日のMRIや内服薬の処方などが必要な場合、別途費用がかかります。
※後日のリハビリテーション等の継続治療は、保険が適応されます。

【希望者様向け】説明会を実施いたします

毎月第2・第4月曜日 10:00〜11:00にて

PRP療法・APS療法説明会を実施いたします。


参加を希望される方は、お電話またはお問い合わせフォームより

お申込みください。※完全予約制

静岡リウマチ整形外科リハビリ病院  054-267-1000

お問い合わせはこちら